不動産用語

名  称 意       味
1216バス (いちにいちろく)浴室のサイズを示す数字で1216なら120㎝×160㎝、1418なら140㎝×180㎝の広さを示す。ちなみに1418あれば、足も伸ばせ、ゆったりした浴槽がついているが、さらに広い1620サイズも増えています。
RC 「Reinforced Concrete」の頭文字をとったもの。「鉄筋コンクリート造」という意味です。
SRC 「Steel Reinforced Concrete」の頭文字をとったもの。「鉄骨鉄筋コンクリート構造」という意味である。
SOHO Small Office Home Officeの略。自宅、もしくは小さなオフィスで仕事をする職務形態のことで、SOHOに必要な設備や環境を備えた賃貸住宅も備えています。
MB メーターボックス。電気・ガス・水道のメーター(計器)をまとめて収納したもの。住戸の外部(玄関の脇など)に設置されていることが多い。
LDK リビング→居・ダイニング→食事室・キッチン→台所
CATV ケーブルテレビの略です。共同の親アンテナで電波を受け、これを同軸ケーブルで加入者に分配する。
DK ダイニング→食事室・キッチン→台所
DEN 巣、ほら穴を意味する英語から発生、書斎や趣味を楽しむための部屋という使われ方をする。広さや形状の明確な基準はなく、隠れ家的な用途の部屋を指す。
PS パイプスペース。上下水道管(さらにはガス湯沸し器など)を収納。
FIX窓 はめ殺し窓ともいう。彩光を目的にガラス戸を窓枠にはめ込んだ開閉できない窓。
IHクッキングヒーター 電気熱源のコンロで、電気で鍋を発熱させる。キッチン内が熱くならない。空気を汚さない、火を使わないので安全などのメリットがある。昔ながらの渦巻き型の電源機とは違うので混同しないように注意。
  - あ  行 -
アプローチ 敷地の入口から建物の玄関までの通路。マンションの1階入り口付近を指すこともあります。
雨どい 屋根面を流れる雨水を地上や下水に導くための薄型や管状の部材のことです。
内倒し窓 ガラス戸の下を軸に上側が室内に倒れるタイプの窓です。ガラス戸の下を軸に上側が室内に倒れるタイプの窓です。
内倒し窓 ガラス戸の下を軸に上側が室内側に倒れるタイプの窓です。不透明なガラスにすると、室内を覗かれにくいです。
打ちっ放し コンクリートを打ち込んだままの面を仕上げ面とすること。無機質な感触がデザイナーズ物件などで人気。
内法 建物の床面積を測定する際に壁の厚みを考慮せず、壁の内側の部分の面だけを「床面積」とする考え方のことです。
エクステリア インテリアの対語で、門や扉、塀、物置、カーポート、フェンスなど住宅の外まわりの設備の総称です。
エントランス 建物の出入口部分のことです。正面玄関に設けられた広場をエントランスホールとも呼びます。
押入れ 上段、下段に分かれた襖の付いた収納スペースです。主として寝具を収納。詰め込みすぎると押入れの空気が循環しない密閉状態となり、湿気がたまってしまうので注意しましょう。
追炊き機能 浴槽の冷めた時に沸かしなおす機能。高温指し湯式、循環式などがあり、沸かし直すより経済的です。
踊り場 階段の途中に設けられた踏面の広い段のことです。階段を昇り降りする時の危険防止と小休止のために設ける。また階段の方向を変える時にも付けます。
  - か 行 -
可動式間仕切り 部屋と部屋の境が壁ではなく、開閉出来たり、移動できるようにした間仕切りのこと。開け閉めすることで空間の広さ、空間分けが可能です。
解約届 退去することを不動産会社に連絡することです。一般的には1ヶ月以上前までに連絡するという場合が多いですがケースにより異なりますので必ず契約書で確認してください。
火災保険 契約期間中の火災、水漏れを対象にした保険のことです。
壁芯 かべしん/へきしん 建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線を想定し、この中心線に囲まれる面積を床面積とする考え方のこと。
関東間 主に関東で用いられてきた日本の伝統家屋の基本モジュールのことです。京間よりもやや狭く田舎間とも称されます。
共有部分 廊下や階段室など構造上共有とされる部分や、壁や支柱、屋根などの基本的な構造部分のことです。ベランダは専用使用とするものの、共有部分に該当します。
京間 主に関西で用いられてきた日本の伝統家屋の基本モジュールのことです。関東間よりもやや広く、京都、大阪を中心に関西以西で用いられています。
クッションフロア キッチン、洗面所など水回りに使われることが多いショート状の素材。水に強く手入れも楽です。
クロス 壁や天井等に貼る素材のこと。種にビニール、他には布や和紙などが使われる。
原状回復 退去時に、入居時の状態に部屋を戻すこと。
1間(いっけん)というのは畳の長辺の長さです。一間の押入れというのは、畳の長辺の幅のある押入れのことです。
珪藻土 藻の一種である珪藻土の遺骸による堆積土です。近年、高い吸放湿性、吸臭・吸音性、断熱性からシックハウス対策として注目され、住宅の内、・外壁に使用されることが多い。
混合水栓 1本のレバーを調整することで水とお湯を自由に混ぜ合わせられる水栓のことです。水と湯の混合比や水量の調節が簡単に行えます。
勾配天井 屋根の形状等により、やむをえず室内にで出る天井の傾きのこと。
更新料 更新時の手数料のことです。
  - さ 行 -
サービスルーム
(納戸)
室内にある部屋状の収納スペース。彩光や通風面で建築基準法で定める居室の基準に満たないため、居室扱いでなく収納部として表記される。広さも名称も会社などによって様々です。
サニタリー 住宅の中で浴室や洗面室、トイレなどを指す総称です。
下がり天井 天井に梁やパイプスペースなどの出っ張りがあり、その部分だけ天井が低くなっている部分のことです。
サムターン シリンダー錠などの住居側に付いた錠・解錠つまみです。
シーリングライト 天井直付けタイプの照明器具。
シンク 流し台のこと。
システムキッチン 流し台や調理台、コンロ、収納などを組み合わせて作るキッチンで継ぎ目がなく一体に作られていることが多い。
初期費用 契約時にかかる費用。礼金・敷金・仲介手数料・前家賃・火災保険料などで、一般的には家賃の6ヶ月分が目安と言われています。
スロープ 一般には傾斜を表し、建築学上では「斜路」という。
専用部分 住戸を借りている人が使ってもよい部分。バルコニーは含まれない。
  - た 行-
地鎮祭 建物の建設に着手する前に、敷地の地主神を鎮め、工事の無事を祈願するために行う儀式。
広さを表す単位で、1坪は畳2枚分の広さで約3.3㎡になります。
テラス ダイニングやリビングから直接出入りできるようにした、庭に向いた広めのバルコニー。部屋と庭をつなぐ中間的なスペース。
ディンプルキー 従来の一般的な玄関キーのような鍵山がなく、表面に多数の小さなくぼみ(ディンプル)を付けた形式のキー。鍵違い数(配列組み合わせ)が多く複製が困難なために防犯性に優れ、リバーシブルで抜き差しがしやすいことから導入する住宅が増えています。
定期借家権 更新のできる通常の賃貸借契約と異なり、期間が満了する貸借権のこと。合意しての再契約は可能。契約期間に上限も下限もなく、原則途中解約は認められない。
テラスハウス 低層の連棟式住宅。各住戸の敷地や庭は単独で所有している。
徒歩時間 道路距離80mつき1分未満の端数については1分に切り上げて表示。坂道、歩道陸橋の要素は考慮されず信号の待ち時間も含まれない。
トランクルーム 住戸の玄関脇や地下などの共用部分に設置されている収納庫のこと。サイズは半畳から1畳ほど。高さのあるものが収納できて便利。
  – な –
二重サッシ サッシ自体が二重の窓。防音効果が高い。
  – は –
バイアフリー 高齢者や障碍者が、生活するうえで障害になるものを取り除くこと。住宅では広くすべりにくい床材を使用した廊下や出入り口の段差解消、手すりなどを備え、お年寄りや子供が安全に生活できるように配慮することをいう。
バルコニー 2階以上の住戸の外壁から外にせり出して作られた屋根のない手すり付きの露台のこと。屋根が付いている場合はベランダという。
柱の上に渡す屋根を支える構造材のこと。
FIX窓 はめ殺し窓ともいう。彩光を目的にガラス戸を窓枠にはめ込んだ開閉が出来ない窓。
ビルトイン 収納家具や設備類があらかじめ壁などと一体化するように設置されていることを指す。機能的で見た目もすっきりする。キッチンでは食器洗浄乾燥機や浄水器のビルトインが多い。
ピロティ 1階部分の柱だけで構成された空間のこと。駐車場などに充てられることが多い。
引き違い窓 左右2枚のガラス戸をスライドして開閉する窓。どちら側も開くことができ、喚起・採光に有効。