所謂【事故物件】について  借主様向けブログ vol.5 | アール・イー・ビー

公開日:

カテゴリー: 不動産屋さん | 今朝の朝刊から | 借主様向けブログ | 貸主様(オーナー様)向けブログ


 お世話になっておりますm(__)m

 JR前橋駅前の不動産屋さんアール・イー・ビーの店長の加藤です!

 

 たま~にですが、内見時に、

 お客様 「こちらの物件は事故物件じゃないですよね!?」

 と訊かれることがあります。

 

 その際は、

 私 「ご安心ください。こちらの物件は事故物件ではないです。万が一事故物件でしたら、宅地建物取引業法告知しなくてはいけないので、事前にお伝えさせて頂いております。」

 とお答えさせて頂きます。

 

 

 では、そもそも事故物件って何なんですかね??

 

 はい、

 ・殺人事件があった物件

 ・自殺があった物件

 ・火事で人が亡くなった物件

 などの人が亡くなった物件だと思います!

 

 あくまで私見ですが、

 上記(・)の3物件は明らかに事故物件ですが、

 ただ単に、人が亡くなった物件というだけでは事故物件ではないかと思います。

 何故なら、人間は生きている限り必ず死ぬからです。

 当然の事として、老衰や突然死などの自然死があった物件は事故物件ではないかと思います。

 

 しかしながら、たとえ自然死でも、

 ・発見が遅れて腐敗が進んでしまった物件

 は事故物件になるかと思います。

 

 以上が、私のイメージする事故物件になります。 ※(1)

 

 

 では、いつまでが事故物件なのですか?

 何年経ったら大丈夫?

 新しい人が住めば大丈夫?

 近所の人が噂しなくなったら大丈夫?

 などと貸主様から訊かれることがありますが、大変返答に窮しました。 ※(2)

 

 

 ※(1)(2)の書き方に違和感を感じられた方がいらっしゃるかと思いますが、実は、

 事故物件とは明確な定義がなく、事故物件かどうかの判断は現場の不動産屋さんの感覚任せになっているのです。

 

 ということで、昨日▼2021年5月21日(金)の上毛新聞の(12)面▼20210521094509009_000120210521094425217_0001 になります!

 

 ようやく、事故物件に関して、一筋の光明が差し込みました\(^o^)/

 

 高齢化が進む中で、今後ますます人が亡くなった物件は増えていくでしょう。

 事故物件は告知の必要がありますが、自然死の物件は告知不要です。

 繰り返しになりますが、人間は生きている限り必ず死ぬので、万が一そのような物件と出会っても、冷静にご対応頂き、出来ることなら受け入れて欲しいですm(__)m

 

 ちなみにですが、20年弱アール・イー・ビーで不動産賃貸の仕事に携わっておる私事になりますが、所謂事故物件に出会ったのはたったの3件です。

 ですので、募集中の賃貸物件における事故物件の割合は0.1%にも満たないと思います。

 
 
その他、前橋の情報は▼こちら▼から 

 

そうだ!グンマに住もう!オウチ探しはアール・イー・ビーで♪

 

 

▲△▲ 上記のブログは私が書きました ▲△▲Photo_20191214193801▲ アール・イー・ビー 店長 加藤 剛(ツヨシ) ですm(__)m ▲

 

【会社情報】
会社名    : 有限会社 アール・イー・ビー
免許番号   : 群馬県知事免許(7)第5155号
電話番号   : 027-223-5133
ホームページ : https://www.reb.co.jp/